--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有用だったAE参考書個人的まとめ

2010年11月29日 23:33

AEという高価なソフトに手を出してしまった手前、頑張って元を取れるような動画を作りたい。
もしくは、Vocaloid-PVやニコマスなど、大勢の動画制作者の一人としてより良い動画を作りたい。
仕事で使わなくてはいけなくなったヽ(゚Д゚; )ノ

などなど...etc

人それぞれにきっかけはあると思いますが、ある程度ソフトを操れるようになるまでは
思い通りにならないこともしばしばあります。

前回の記事ではネットで見ることが可能なサイトをあげましたので、今回は自分がお世話に
なってる参考書を数冊紹介してみます。(後、読んだみたいやつ)

というわけで、以降格納 m9っ`・ω・´)
◆Adobe After Effects トレーニングブック

Adobe After Effects トレーニングブック サンプルデータを触りながら学べるハンズオン形式の解説書Adobe After Effects トレーニングブック サンプルデータを触りながら学べるハンズオン形式の解説書
(2009/10/20)
高橋篤史

商品詳細を見る


今まで入門書だけで何冊も買って読んだりしてたんですが、個人的にはこの本が一番おすすめです。
6000円強という値段、700ページ弱にも及ぶ分厚い参考書です。
これだけ聞いちゃうと尻込みする方もいらっしゃるかもしれませんが、下手に内容のない入門書を
数冊購入してしまうよりは、これ一冊あればいいので損はしないかと。

目次

1章 インターフェイス
2章 ワークフロー
3章 素材の読み込み
4章 コンポジションの設定
5章 トランスフォーム
6章 モーション・コントロール
7章 親子関係とプリ今ポーズ
8章 描画モードとトラックマット
9章 マスク
10章 シェイプレイヤー
11章 時間伸縮
12章 3Dレイヤー
13章 テキスト
14章 キーイング
15章 トラッキング
16章 エクスプレッション
17章 要素と3Dチャンネル
18章 レンダリング

目次を見てわかるとおり一通りのことは勉強できます。
それに、実際にサンプルデータを触りながらなので覚えやすい上に、

・すぐに実戦で使える作例が豊富
・他参考書では説明されないような動画とAEの豆知識・TIPS
・エクスプレッションに関しても基礎から応用までの初心者には十分な説明

といった感じで個人的には購入して良かったなと思えた一冊でした。

ただ、残念だったのは推奨バージョンがCS3・CS4であるために
CS5などで新しく追加されたロトブラシや、プラグインなどの解説がないこと。
これは、まぁどこかで勉強するしかないですね(´・ω・`)…


◆Adobe After Effects CS3 Professionalエフェクト大全

Adobe After Effects CS3 Professionalエフェクト大全Adobe After Effects CS3 Professionalエフェクト大全
(2008/04/25)
石坂 アツシ、大河原 浩一 他

商品詳細を見る


この本は実際に動画を作るときに大変重宝しました。
AEは標準で付属しているエフェクトだけでも、結構な数があり一つ一つ適用させながら探すのは骨が折れます(´ρ`)
なので、「あぁ、こういう表現にしたいときはどのエフェクトだったかな」と思ったときに、この本が活躍しました。
眺めてるだけでも、「これは使えるな(`ω´)グフフ」といった感じで発想が出てきますw

この本の優れているところは、各プロパティごとの説明と、プロパティの数値変更による見た目のサンプルが
掲載されているところだと思います。わかりやすいので。(難しいことはわからないけれど、いじればこうなるよ的な)

やはり残念なのはCS3までのエフェクトに対応であるということでしょうか。
なので、タービュレントノイズなどの説明はなされてないのが残念。
新しくCS5対応とかで出てくれたら買うんですけどね。

※CS5対応版出版されていました!





AfterEffects for アニメーション

AfterEffects for アニメーションAfterEffects for アニメーション
(2010/02/22)
大平 幸輝

商品詳細を見る


続いてこちらの本。
MAD制作者にとってはある程度必須となるであろう、アニメーションで利用されるエフェクトの解説本です。
サンプルもダウンロードできるので勉強しやすいのではないかと思います。

ただ、ある程度動画を作っている方にとっては目新しい技術やエフェクトがあるわけではないので、初心者向けかと。


最後に読んでみたい本。

After Effects CS4 スタジオテクニック (DVD付)―プロが教える効果的なビジュアルエフェクトとコンポジット―


After Effects CS4 スタジオテクニック (DVD付)―プロが教える効果的なビジュアルエフェクトとコンポジット―After Effects CS4 スタジオテクニック (DVD付)―プロが教える効果的なビジュアルエフェクトとコンポジット―
(2009/07/31)
Mark Christiansen

商品詳細を見る


読んでみたいけれど、高くてちょっと手が出ないんですよね(´-ω-`)



以上、自分が購入して有用だったと思った参考書の紹介でした。
人それぞれ、参考書にも合うあわないはあると思いますので、書店で手に取って
実際に読んでみるのが一番ですね。

もし、参考書のことで悩んでる方がいらっしゃるようでしたら、
判断材料の足しにでもしていただければうれしいです。

(自分はこういう記事書いてますが、大した動画は作れてないのでお恥ずかしい限りですが・・・)

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sakikake0403.blog137.fc2.com/tb.php/13-2c2e95cd
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。